トラック運転手で年収2000万は可能なのか?収入倍増の秘訣とは!

トラック運転手 年収2000万円

トラック運転手として年収2000万円という数字は、絶対に手の届かない夢のような話です。

実際、このような収入を達成するのは非常に難しく、ほとんどのドライバーにとっては現実的ではありません。

トラック運転手の平均収入を考えると、2000万円というのは極めて例外的なケースであり、長時間労働や過酷な条件下での仕事を伴います。

この記事では、そんな夢のような収入に近づくための現実的なアプローチと、トラック運転手としての生活における現実を探っていきます。

 

📒この記事でわかること ・年収2000万円の可能性
・トラック運転手の平均年収
・アメリカなら年収2000万円は可能
・日本での高収入な求人
目次

トラック運転手で年収2000万は可能なのか?

冒頭でもご紹介したようにトラック運転手で年収2000万円は不可能に近いというか不可能です。

軽油が1リットル70円で、労働基準もお構いなしでいくらでも走れた昔の運転手でも年収2000万円は聞いたことがありません。

私の先輩(現在で60歳以上)でも一番いい時で年収1,200万と言っていました。

月収で100万円程度ですね。

しかも長距離ドライバーです。

昔(バブル期)の佐川急便でも年収1000万円を稼ぐドライバーがいると聞いたことがありますが、更にその倍ですから2000万円がいかに常識外れの桁違いな数字なのは理解できます。

持ち込みドライバーでも年商2000万円は可能でしょうが、やはり年収で2000万円は難しいでしょう。

 

トラック運転手のリアルな年収は

トラック運転手の年収についての調査結果に基づくと、平均年収は職種や雇用形態により異なります。

例えば、厚生労働省の令和4年度の賃金構造基本統計調査によると、営業用大型貨物自動車運転者の平均年収は約477万円、営業用貨物自動車運転者は平均年収が438万円程度とされています。

 

また、求人サービスによる統計データでは、配送ドライバーの平均年収が約481万円、セールスドライバーは約405万円となっています。

長距離トラック運転手の場合、年収は平均400万円から750万円程度で、トラック運転手の中では比較的高めです。

これは長時間運転や、高度な運転技術が必要とされる仕事であることが影響しています。

 

また、トラックの種類によっても年収に差があり、たとえばトレーラー運転手の平均年収は500万円から600万円程度です。

ただし、トラック運転手の仕事は長時間労働が多く、拘束時間は原則13時間以内、延長しても16時間が限度とされています。

労働時間が長くなることで疲労が蓄積し、安全運転に影響を与える可能性があります。

また、荷物の積み下ろし作業がある場合、体への負担も大きいです。

トラック運転手の年収に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

 

アメリカのトラックドライバーなら年収2000万は可能?

アメリカ トラックドライバー 年収2000万円

いくら大国アメリカでも年収2000万円は無理でしょう。

と思いきや、調べてみると、なんと年収2000万円可能のようです。

すげ~~~~~~~~~~!の一言ですね^^;

記事によるとアメリカではトラックドライバーが8万人も不足しているようです。

年収2000万円も出してくれる会社は世界最大のスーパー・ウォルマートらしいです。

入社1年目でも年収1400万で最大年収で2000万円もらえるそうです。

アメリカに行こうかなぁ(笑)

参考記事:RKK

 

高収入な運送会社を探してみた結果とは

さて話を日本に戻しましょう。

実際に現在でている求人の中でMAXどれくらいの金額を提示している企業があるのでしょう。

日本最大級の求人検索エンジン「インディード」で調査してみました。

調べてみるとトラックドライバー年収600万円以上でヒットした企業が980件もありました。
※2024/2月現在

その中には

・月収55万~85万
・月収35万~70万
・月収55万~65万
・月収40万~90万
・月収70万円以上
・年収650万円~750万円
・日給3万円

そしてなんと
月収30万円~月収100万円

年収1000万円超えの企業がありました。

その会社はよく見ると軽貨物ドライバーの求人だったので、売り上げベースで100万円が可能とのことでした。

しかし探せばまだまだ日本にも年収1000万円オーバーの会社もあるようですね。

これはあくまで求人募集に書いてある年収や月収で確証がとれていません。

なので会社名は控えさせていただきますね。

気になる方はこちらのインディードで調べてみてくださいね。

>>インディードはこちら

 

年収2000万円は無理ですが、年収1000万円に近い求人はあるトラック運転手。

まだまだ稼げる見込みのある職業であると言えるでしょう。

しかし一方でトラック運転手はやめとけという声も根強く残っています。

その理由に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

 

トラック運転手で年収を上げる秘訣とは

リクルートエージェントアドバイザー

 

低年収で働いているドライバーは非常に多いです。

そんな中、休みも多く給料も高い運送会社も実は多く存在しています。

自分が知らないだけでかなり損をしているドライバーが多いというわけです。

そんな会社どうやって見つけるの?となるわけですが

そのコツが転職エージェントの利用です。

 

現在では転職エージェントからドライバーに転職するケースが主流になっています。

地元で一番給料の高い会社を探して下さい」と相談すればいいわけです。

さらに「もう少し給料は上げてもらえないのか?」など企業との交渉も可能です。

 

そんなエージェントの中でもおすすめなのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは日本最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントではプロのアドバイザーが企業と給料や労働時間の交渉までしてくれます。

 

いちいち面接に行かなくても事前にアドバイザーが確認してくれるので時間の節約になります。

お金の話や自分の要望など面接官に話しをするのが苦手な方は特に利用したいサービスです。

 

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。

あなたがネットで探してもいい企業が見つからないのはこの非公開求人になっている可能性が高いです。

非公開求人にする理由は企業が社内の採用情報を外部に漏らしたくないのと採用コストを抑えるためです。

大手を狙うなら非公開求人数が日本でダントツ1位のリクルートエージェントを利用しましょう。

非公開求人の中に希望する企業が隠れているかもしれません。

 

福利厚生や休み、退職金がしっかりしている大手企業なら安心して長く勤めることができますからね。

 

もちろん無料で利用できますし絶対に転職しないといけないわけではありません。

色んな運送会社の情報収集をしたい方も是非ご利用下さい。

5分で簡単に登録ができます。

 

エージェントに無料相談する>>

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回はトラックドライバーで年収2000万円は可能なのか?という記事を書いてみました。

日本では不可能ですが、アメリカではどうやら可能のようです(笑)

しかしながら求人を見ると日本にもまだまだ稼げる運送会社もあるようです。

運送業歴30年の私の経験から言いますと、

トレーラーの長距離ドライバー 年収900万円
雑貨便の路線ドライバー    年収750万円
大手運送会社のSD        年収700万円

MAXでこれくらいかなぁって感じです。

この記事が参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次