トラックの馬力ランキング!大型トラックの馬力を徹底比較してみた!

トラックの馬力の基礎知識とそのランキングについて

トラックなどの車両にもさまざまな大きさがあり種類があります。

もちろん、それぞれ馬力も違ってきます。

今回は、トラックの馬力の基礎知識とそのランキングについて解説していきます。

 

目次

トラックの馬力とは

 

トラックの馬力とは、エンジンの最高出力のことです。

または、持久力というとわかりやすいですね。

トラックの場力はトルクと回転数をかけ合わせたものになります。

馬力の数値が高いということは、車の最大性能が高いということです。

世界では4種類の単位で表現できることがあります。

 

①「PS

⇒主に日本やドイツで使用されている単位になります。

 

②「kw

⇒馬力の国際基準の単位になっています。

浸透率でいうとこの単位が世界中で浸透しています。

 

③「HP

⇒この単位は、主に英語圏で使用されている単位になります。

 

④「CV

⇒イタリアやドイツで使用されている単位になります。

この4つの単位が存在しています。

 

トラックの馬力の基礎知識

 

馬力を簡単に分解すると3つに分けることができます。

「トルク」「回転数」「馬力」です。

「トルク」

車を加速するときのパワーを意味しているのが「トルク」になります。

トルクの値が低いと加速ができないという意味になります。

「回転数」

回転数は、基本的に1分間クランクシャフトの回転数を表しています。

この回転数は高いといいというわけではなく、ギアの調整が必要ということになります。

これを間違えるとトラック本体に負荷をかけますので故障する原因にもなります。

「馬力」

車の最大性能を表していますので高いと優秀ということが言えます。

トラックを選ぶ上では、この馬力を中心に検討するといいでしょう。

 

トラックの馬力ランキングはこちら

 

日本ではなかなかトラックを製造しているトラックが少ないのですが、日本の技術が詰まったトラックがたくさんあります。

 

1位:日野「プロフィア」

日本車であり、大型メーカーで唯一業界に参戦しています。

高い技術力で性能が高く多くのドライバーに愛されているトラックになります。

9Lエンジンで馬力が279kW(380PS)/1,700rpmとなっています。

馬力があることに加えて低燃費を実現しているトラックになります。

 

2位:UD「クオン」

ボルボの子会社であり、ボルボ製品を輸入しています。

日本では、トラックやバスを製造しています。

8Lで馬力263kW(357PS)2200RPMとなっています。

排気量は少ないですが、性能のいいエンジンを搭載しています。

また、ATを採用するなど多くの人から支持されています。

 

3位:いすゞ「ギガ」

乗用車として有名でもありますが、現在はトラックやバスを製造している会社となります。

特徴として、大型トラックメーカーで初めてミリ波レーダーを搭載させました。

馬力は279kW/380PS 1800rpmです。

エンジンの性能だけでなく車体のデザインにも力を入れています。

風の抵抗を少なくするためのデザインを採用しています。

見た目も良し、走りも良しと人気で注目度が高いモデルとなっています。

 

トラック運転手で年収アップするのは簡単です。
こちらの記事で簡単に給料が5万円以上、年収で60万円以上アップする3つの方法を解説していますのでご覧ください。

あわせて読みたい
ドライバーの手取りが確実に、そして簡単に5万円あがる3つの方法とは!   「給料があと5万円あったらなぁ」 トラックドライバーなら誰しも思ったことがあると思います。 たかが5万円、されど5万円、簡単そうで難しい給料5万円アップのハ...

 

トラックの馬力の調べ方

 

馬力の調べ方は、各メーカーのホームページに記載されています。

特に注目しないといけないことは「kw」です。

 

ここを比較すると馬力の強さを図ることができます。

しかしながら、最近では燃費を気にすることも必要になりますので一概には言えません。

燃費などを考慮しながらも馬力のあるトラックを見つけてください。

性能がいいトラックを見つけることで、より長く愛用することができます。

馬力が強いから全てがいいトラックというわけでもありません。

排気量や環境問題を考えたうえでの選択が望ましいですね。

そして、一番大切なことは安全面になります。

安全に走行できるトラックが必要がまずは何よりも大切です。

 

運送会社の情報収集はこちらから

 

リクルートエージェントアドバイザー

 

最近ほとんどのドライバーがやっているのがネットを使った情報収集です。

いま転職する気がなくそのうち自分で探そうと考えている方も転職サイトには絶対に登録しておいた方がいいです。

なぜなら、会社が嫌になりストレスや疲労がたまり限界に達すると就活はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるからです。

気になる企業や求人情報をストックしておくだけでも【転職という選択肢】があれば安心だし、過労で倒れたり精神が病んでしまう前に転職という手が打てるようになります。

求人サイトの登録は無料でできるし、しつこい勧誘や担当からの電話等は一切ありません。

あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くのでいつでも転職できるぞ、と精神的に余裕ができます。

今は転職できなくても登録だけは絶対にしておくべきでしょう。

ライバルドライバーは皆やっています。

ライバルより良い会社を見つけましょう。

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめはこちらです。

登録は無料で簡単にできます。

業界最大手のリクルートが運営している日本一信頼できる転職サイトです。

 

リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ>>

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次